先週に引き続き、今週も男性脳と女性脳の違いについてお話します。
先週のブログ『本当の理由』はこちら

 

今日のお題は…
『ストレスがたまると…』

ストレスがたまると…
女性は、言語機能が盛んになって、とめどなくしゃべりだします。
話していると→→答えはでなくても
ただ話をするだけで心が落ち着いてくるのです。

 

男性は、というと
『黙ります』…ロダンの考える人のように。
問題を解決するために右脳を働かせるので、左脳はお留守になるから。

’そして、得意な空間能力をつかって悩みを解決するようです!!
例えば、釣りやゴルフ、修理などで。

c98399035a53d1fa5fbd7a78619bd56c_s

こんなにも大きく違う男性と女性ですが、
実は、この違いに気がついている人少ないです。

なので…こんな事してませんか?
【ここから先が大事ですよ〜!!】

女性に質問です。

旦那さんが悩んでいる。と気がつくと
『どうしたの?悩みがあるなら私に話してみて?』
…なんて
女性同士の時のように話しかけていませんか?

 

男性に質問です。

奥さんの悩んでる姿を見た時、
ひとりになれるよう時間と場所を提供し
“そっと1人にしてあげて…”ないですか?

多くの女性は、悩んでいる時は『どうしたの?良かったら聞くよ!?』
って言ってもらいたいです。
(というか、女性脳では聞くことが一般的になっています)
なので、ほおっておかれると
「私のこと愛してないんだ…」なんて事にもなりかねません。

逆に、多くの男性は、自分で解決したいので
1人になれる時間と場所を求めます。
『どうしたの?悩みがあるなら私に話してみて!』と言われても
実のところ「話してもわからないでしょ?!」なんて
(イヤミではなくね…)思ってしまいます。

ですので、
女性は“ちっとも話してくれない…”って悩まなくてもいいんです。
男性脳では、【話す=親密度】ではないので。
できれば、奥さんにも弱みは見せたくない!って男性は多いです。
(カッコいい男性でいたいんです♡)

 

こんなように
男性女性、悩んでいる時の対処方法がちがうので
お互い相手のためを思って、良かれと思ってやっていること
良くない結果になってしまいます。。。

そうなってしまっては、もったいない!!

これを機に、夫婦で話し合い
お互いの対処を考えてみてくださいね。
大切なのは、悩んでいるとき
“あなたならどうして欲しいか?”です。

夫婦でも、きっと違うはず。
是非、話し合ってみて下さいね〜(^^)

 

*幸せいっぱい、笑顔いっぱいのあなたになりますように*
くれたけ心理相談室 濱崎明子