先日、ふとした話から
“夫婦の危機”の話が出たのでご紹介します。

一般的に、夫婦の危機は
5つの局面の時に訪れるとお伝えしています。

それは
①妊娠・出産の時
②奥さんが働き始めた時
③旦那さんの部署や職場が変わった時
④子どもの手が離れた時
⑤相手が浮気した時

50b6c235848580fb11a779c5f96876ef_s

①は、妊娠・出産の時は
相手が浮気する確率が高くなるというもの。
実際にそんな話はたくさん聞いてきました。
あとは“産後クライシス”の問題ですね。

②の奥さんが働き始めた時これは“私だって働いているんだから”と
家事&育児&仕事で大変な奥さんからの
この言葉から始まる場合が多いです。

③の旦那さんの部署や職場が変わった時
これは、新しい場所で慣れない状況の中
不安だったり、分かってもらいたい気持ちが
今度は旦那さんから発せられる場合です。

④の子どもの手が離れた時
これは、今までは子育てという共通のテーマを生きてきた夫婦が
これからは自分達でどうやって生きていくかを考えた時、それまでの気持ちをぶつけることで
熟年離婚のような結果を導き出す…そんな場合です。

⑤は相手が浮気した時
これは説明しなくても危機ですよね。

この5つ。
これを見て驚くのは、
最後の⑤以外は普通に生活していて
訪れる場面だったりすること。
 
この誰でも、いつでも訪れる
夫婦の危機を回避するためには、
やっぱり話し合うことが大切ですよね。

状況が変われば、相手の言い分も変わります。
『〜〜であるべき』という思いを
“せめて〜”とか“少なくとも〜”という
フレーズを使って、少しでも緩めることが大切です。

その時大切なのは
相手の思いも、自分の思いも大切というスタンス

自分だけでなく、相手だけでもなく
双方が歩み寄れるように話し合ってくださいね!
 
 
 
*幸せいっぱい、笑顔いっぱいのあなたになりますように*
くれたけ心理相談室 濱崎明子