【2019年1月のお題-1】
『昨年の私、ひとつだけ褒めてください』
と言われても…
 
実は褒められるのが苦手な私。
でもお題だから(笑)やるしかない!
 
 
頑張ったのは『お料理』
小学生の頃から作っているので
『作れないのを作れるように…』的なものではなく
うちの息子のリクエストで
『美味しいものを作る』こと努力しました。
 
 
知る人が多い、味にうるさい我が息子
調味料をかけずに何でも食べるので
誤魔化すことができません。
 
その上、最近1日一食しか食べなくなったので
その一食にかけるエネルギー・期待感がすごいのです。
 
こんなめんどくさい息子ですが…
期待に応えられるよう努力するのには、
こんな理由があるのです。
 
 
実は、美容師さんからこんなことを聞きました。
『〇〇君が「母さんのメシは美味い。毎日食べたいけど、仕事で忙しいと食べられないんだよね。」なんて言ってましたよ、いいですね〜♡』と。
 
息子がそんな話を美容院でしてるとは思わず
ビックリが先行、
後からジワジワと嬉しさがこみ上げてきました。
 
でもそれと一緒に義務感も感じ…今に至ります(笑)
 
 
このことから自分で自分を褒めるとしたら
『プレッシャーの中、頑張ってご飯作ったね』と
褒めてあげたいと思います。
 

鶏モモ肉のアヒージョ↑
 
 
『自分を褒める』って難しい。
でも、自分では『当たり前』と思ってることも
それは他の人から見たら『当たり前じゃない』かもしれません。
毎朝早く起きるのも、仕事に行くのも
事故を起こさず運転してることも!
 
今回書きながら、なんだか幸せな気持ちになりました。
その上エネルギーもでてきました。
 
ぜひ皆さんも『自分を褒めて』みてくださいね!
 
 
※アンガーマネジメントに『サクセスログ』というテクニックがあります。(サクセスログ説明はコチラ
苦手な方は、これを書いていくと褒めどころに気がつけるかもしれませんよ!
 

 
 
*幸せいっぱい、笑顔いっぱいのあなたになりますように* くれたけ心理相談室 濱崎明子