夫婦の話②

夫婦のスタイルは千差万別。
特に今の時代「これが正解」というものは
なくなってきているのですが…
 
ついつい自分の思い描く夫婦のスタイルと
比べてしまいがち。
違っていると「おかしくない?」と思ってしまいます。 

 
私も過去何度も「おかしい」と思ってました。
 
カウンセリングに行こうと思ってたのも
「うちの夫、おかしくないですか?」と
自分の正当性を聞いて欲しかったし、
 
大変だった、悲しかった、辛かった…などの
気持ちも聞いて欲しかったのだと思います。
 
 
友達だと
『あー分かるわかる。うちもあるよ』
『それより、この前の…』なんて
話が変わってしまいがち。
 
それに話が広まるのも困るから
話す相手が見つからない場合もありますよね。
 
逆に親だと、味方にはなってくれるけど
深刻になりすぎてしまう。。。
 
 
その頃の私は
夫婦問題の解決や改善策は置いといて
ただただ話を聞いて欲しかったのだと思います。
 
 
一般的に女性は話をしながら
頭の中を整理すると言われています。
聞いてもらいながら、整理するために
 
よく『話を聞いて欲しい』っていうのかも。
(逆に男性は1人でぼーっとさせて欲しい)
 
 
「あーもう、あの人とは無理!」となる前に、
そして、相手をあきらめてしまう前に、
一度、とことん話を聞いてもらうことを
おすすめします。
 

 
 
*幸せいっぱい、笑顔いっぱいのあなたになりますように*
くれたけ心理相談室 濱崎明子

投稿者プロフィール

濱崎 明子
濱崎 明子くれたけ心理相談室 長久手支部
夫婦関係カウンセラー/心理カウンセラー

お気軽にコメントを♪

前の記事

夫婦の話