産後クライシスについて
改めて書いていきたいと思います。

『産後クライシス』については
ウィキペディアなとで詳しく書かれていますので
初めての方はご覧下さいね。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/産後クライシス

私がカウンセラーになりたての頃は、
まだ有名な言葉ではなかったので、
情報誌テニテオさんに取材記事が掲載されたことも。
 
 
この言葉は、2012年にNHK『あさイチ』で提唱されたことから広まりました。
 
私の経験では…
2、3人お子さんがいて、その下の子が
保育園や小学校に上がる時に
妻から夫へ離婚届が渡される
そこで夫婦仲が冷え切っていたことに
夫側は気がつく…そんな状況が多いです。
 
 
原因は、子育てが大変な時に
気持ちに共感してもらえなかった事や
育児や家事に協力的でなかった事から
『もう、この人とはやっていけない』
『私と子どもだけで生きていこう』と
妻側が独立・自立してしまう事だと考えます。
 
 
そういえば…うちの奥さん
『昔は大変大変って言ってたけど
最近は何も言わないなぁ…』なんて方は要注意!
女性は嬉しいことも悲しいことも
好きな人には、気持ちをシェアしたいもの。
シェアがない場合は………。
 
不安をあおるつもりはないですが
注意は必要です(^◇^;)
 
今後、産後クライシスの事例や対策を
紹介していきますので、参考にして下さいね。
 

 
*幸せいっぱい、笑顔いっぱいのあなたになりますように* くれたけ心理相談室 濱崎明子